アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 使用レビュー

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300使用レビュー 家電

カーペット(絨毯)にジュース、醤油などの調味料をこぼしてすぐに雑巾などで拭くけどなかなかキレイにならなかったり、いつのまにかシミになったりした経験がある人は多いと思う。

今回はこのアイリスオーヤマのリンサークリーナーを「アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300」使って色々な実験をしていこうと思います。このブログでは基本的に良い部分と気になった部分を正直に書いていますのでよければご覧になってください。

各部の名称と説明

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300使用レビュー

主にこの3点でかなりシンプルです。画像に見える4つの白いやつはハンドツールやホースや本体にと取り付ける時に固定するフックです。

重量約2.7kg
コードの長さ約3m
定格消費電力330W
ホースの長さ約1m
約24.8cm
奥行約14.6cm
高さ約31.2cm

本体

構造は単純で回収タンクがこのように取り外せるようになっています。

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300使用レビュー 本体

回収タンク裏側

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 回収タンク裏側

ドレン (汚水排出口)

この部分から吸い込んだ汚水を排出できるようになっている。ドレンのキャップはゴムです。

バキュームフィルター

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 バキュームフィルター

汚れが本体に直接入らないようにするためのフィルターです。汚れた場合は水洗いできます。

ハンドツール

噴射レバーを引くと清水タンクに入った水が霧状で出てきます。この噴射レバー引く時に少し固いです。中に入れる事が出来るのは水道水かアルカリイオン水のみです。

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 水道水 アルカリイオン水

噴射レバーを引いて水をだして、そしてブラシと水吸込口で汚れを取っていく感じです。

ちなみにこの部分から汚れが吸えているかどうかを確認しながら出来るので見てて面白いです。

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 ハンドツール 汚れ

バキュームホース

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 バキュームホース

掃除機のホースみたいな感じです。長さは約1m

重さ

重さは先程書いたとおり約2.7kgです。

本体は持ち手があるおかげで女性でも簡単に持ち運びが出来ると思います。

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300使用レビュー 重さ

収納

ハンドツール、ホースや電源コードは画像のようにフックに挿したり、巻いたり出来るようになっていますので収納性はかなり考えられている製品だと感じました。

さきほどのフックを本体に取り付けると画像のようにホースやハンドツールもコンパクトになります。

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 電源コード挿す

カーペット(じゅうたん)+醤油の汚れ

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 カーペット 醤油

今回はこぼした醤油をリンサークリーナーで掃除してみました。見た目はわからない程度にキレイになります。雑巾で拭くよりも明らかにキレイになると思います。

その時の動画を撮影しましたのでご覧ください。

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 カーペットの汚れ

ただし、完璧にキレイにするには何往復かさせて掃除する必要があり、初めに雑巾で軽く拭いてその後にリンサークリーナーで掃除する方が手間が省けます。

もしくはこういった「アルカリ電解水」を予め吹きかけると汚れがさらに落ちやすくなります。

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 アルカリ電解水

これは醤油を掃除した時の画像ではありませんがこのように回収タンクに汚水が溜まります。

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 回収タンク

気になる部分

音が結構大きい

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 音の大きさ

参考までに音の大きさを測ってみた所「76.5dB」でした。

動作音は思っていたよりも大きかったです。掃除機みたいな音に合わせてキィーンという高音がします。アパートやマンションで夜に使うのは近所迷惑になるかもしれません。一軒家の場合は夜に使っても問題ないでしょう。

そして使うときに必須だと感じたのは「耳栓」です。ホース自体がそこまで長くないので掃除中にはどうしても本体と耳の位置が近くなるのでこの音が結構耳にきます。耳栓がなければ100円ショップで売ってるのを購入したり、自分は耳栓を持っていないのでカナル型のイヤホンを付けながらやりましたが、これで耳にかなり耳に入ってくる騒音を軽減できました。

広い範囲は時間が掛かるかも

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 カーペット

広い範囲をキレイにしようと思えば出来ない事はないですが、正直かなり時間がかかるかもしれません。例えば、車のシートなどは全部を綺麗にしようと思えばそれなりに時間が掛かるとは思いますが出来ると思います。

厚くて柔らかい物はやりにくい

ウレタンシートのようにある程度固いシートや椅子の座面などは問題ないと思いますが、厚くて柔らかい枕などではキレイにしにくいです。

繊細な素材には使用できないかも?

ハンドツールに付いているブラシは結構固めなので繊細な素材の物だと傷めてしまうかもしれません。

使った後に乾燥が必要

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 水洗い

使用した後はタンクやハンドツールなどを水洗いして乾燥させる必要があります。洗うの自体は簡単です完全乾燥には一日以上かかると思います。構造上タンクやハンドツールの中を布巾で拭けないのでどこかで乾燥させておく必要があります。乾燥が不十分だと臭いやカビが発生しそうです。

ホースの長さと固さ

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 ホース取回し

正直あと50cmくらい長かったらいいなと思いました。それと水漏れしないようにだとは思いますがホースが結構固くて取り回しが難しいです。

イメージ的には掃除機のホースが自由に曲がったりしてくれないような感じです。この点は改善して欲しいと思いました。

使ってみての感想

アイリスオーヤマ リンサークリーナー RNS-300 じゅうたんのシミや汚れ

カーペットの濡れ雑巾で拭くよりも確実にキレイになります。ただし広範囲を掃除するのは大変ですが根気があれば出来ない事はないです。例えば赤ちゃんやお子さんがいてよく食べ物、アイス、ジュースなどをこぼす家庭では結構役に立つ場面は多いかもしれません。あとは猫や犬などのペットを飼っている方にもオススメできそうです。

そしてキレイになっていく過程がハンドツールやタンクで見えるので見これが中々気持ち良いです。

コメント